• ホーム
  • 美白やシミに効果的なハイドロキノンは何故選ばれているのか?

美白やシミに効果的なハイドロキノンは何故選ばれているのか?

肌がきれいなので自信を持っている女性

多くの人が顔などにできるシミに悩みを抱えています。体の表面にできるシミの大多数は、基底層と呼ばれる表皮の最も深い層の周辺にメラニン色素が沈着することでできるものです。そして、この皮膚層にはメラニンを作る働きをするメラノサイトという細胞があります。ハイドロキノンはメラノサイトの活性を抑えてメラニンを生み出す働きそのものを抑制する働きがある物質です。

シミを作り出す細胞メラノサイトの中では、チロシンという物質が合成酵素のチロシナーゼによって酸化されることでメラニンが造り出されるのですが、ハイドロキノンにはその過程をブロックすることでメラニン自体を減らす働きもあります。ハイドロキノンは皮膚を紫外線などの刺激による損傷から守る作用があり、アメリカでは医薬品として皮膚を漂白する目的に治療薬として使われてきました。

日本でも厚生労働省により使用が許可されているのですが、その濃度に関しては制限があり、5%以上の濃度のハイドロキノンに関しては発がん性が動物実験によって指摘されているため、国によっては使用が禁止されている所もあります。日本では2%までの配合が許可されており、市販されている美白化粧品などにも含有したものが販売されていますが、それ以上の濃度のハイドロキノンを使用するには病院での処方が必要になります。

ハイドロキノンには強い漂白作用がありますが安全性の高い物質のため、現在美白ケアも含め多くの製品に使用されています。ただし、一般的には濃度や使用する量が多くなるほど刺激性皮膚炎をおこしやすくなり、人によっては赤みやかゆみなどを伴う事もあります。通常ハイドロキノンは一日2回程度患部に外用し、たとえば顔全体ではなく、シミの部分に塗るようにするのが一般的です。洗い流す時には皮膚をこすらないように注意しながら、刺激の少ない石鹸をたっぷりと泡立てて優しく洗い流すようにします。

患部に塗布することで美白効果が現れても、特に何も副作用が無い時には外用薬を継続して使用することもできます。一旦使用を中止して再び外用を始めても、特に効き目が落ちる事はないとされています。ただし、人によってはハイドロキノン配合のクリームなどを使用したことで肌がかぶれてしまったり、刺激を感じる事があります。また、ごくまれに外用した部分が白斑になる事もあると言われています。万一塗った部分に赤みや強い刺激を感じた場合には、すぐに使用を中止して医師に相談することが必要です。